荷物を配送する人たちの現場体験談

荷物を配送する際は領収書のタグを入力検索だ

荷物を配送する人たちの現場体験談
時折宅配便を利用して誰かに荷物を送る際には、もちろんその荷物が無事に到着したか気になるところであります。そのため受け取った人も相手に失礼の内容に荷物が届いた旨の電話をしてきたりするのが礼儀の1つであります。しかし人によってはその荷物を受け取ってもすぐに相手に電話して来るとは限りません。その日の夜間に電話してくればまだいいほうでありまして、ズボラな人だとさらに遅れるあるいはしてこない可能性すらあるのです。もっともこれが2回目もあるならば商売でない限りは二度とその人には荷物を送るべきではありません。それはともかくとして、荷物が相手に正確に到着するまではどうなっているのか気になる人はたくさんいるはずでありますし、事前に相手に荷物を送るよと宣言してしまったら、相手もいつ到着するのか気になるところであります。もし予定時間よりも大幅に遅れていて相手がまだ荷物御届いていないよとでも連絡して来たらなおさら気にしないわけにはいきません。

そこでその荷物がどうなっているのかを把握する手段の1つとして管理タグというのがあります。これは荷物に貼り付けたタグが所在を明らかにしてくれるコンピューターシステムでありまして、このタグに表示されている番号をインターネット上の管理システムに打ち込むと、それぞれ何時何分にどこの集配所で受け付けた、そこを出発した、次の集配所に到着した、配送中、そして受け取り完了という具合にその荷物の履歴をリアルタイムに調べることができるのです。これによって仮に何かの理由で大幅に遅延していても相手に状況を教えることが可能になるのです。なので荷物を送るときには逐一到着するまでは確認をしておくクセをつけておくようにするのです。

配送業者はその会社規模もかなりのもので日本や世界のものが集まってきているので倉庫もビルが何棟も入るようなかなりのおおきさになります。その中から正確に荷物を取り出せるようにコンピューターでしっかり管理されていてミスがないように自動でどの窓口に運べばいいのかなども自動でできるようになっていたりまさに、最先端の技術がつまっているのです。しればしるほどかなりすごいとおもいます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017荷物を配送する人たちの現場体験談.All rights reserved.